blog

ライトニングトークス用「タイマー」ソリューション

このところ、オフラインミーティングではライトニングトークスばやりですが、その際に利用するタイマーアブリケーションは、これまでWebで無償提供されているWebベースのものを利用してきていました。
こう言ったものがあると、進行状況が演者にも観客にもよく解るし、時間切れになるとドラの音がしたりとか、会場の雰囲気も盛り上がりとても助かります。
参考:ライトニングトークスについては、こちらの日本語訳付き解説が参考になります。
Shibuya Perl Mongers:What are Lightning Talks?

2011年6月のFM-Tokyoオフラインミーティングで、野田先生が「WebViewerを使ったUser Interface」というタイトルで発表してくださったのですが、その際に、
ライトニングトークス用のタイマーソリューションもFileMaker+WebVIewerで作れるのでは・・?
といった話の流れになり、さっそく作ってくださったのがこちらのFileMakerによるタイマーソリューションです。
これまでは「文字の大きさ簡単に変えられるといいな、でもFlashだとカスタマイズやりにくい…」と気になる点もあったのですが、それらも同時に解消されました。やはりFileMakerユーザとしては、FileMakerで動作するものというだけでも嬉しい限りです。他のユーザーズグルーブでもぜひお使いいただければと言うことで、こちらに公開いたします。

ソリューション名:「LTtimer」

主な機能

  • 時間を任意に設定できる
  • 音が出る
  • 音源は自由に指定できる
  • 時間経過に伴い指定色の塗りで進行状況が解る
  • 動作環境

    Mac OS X 10.6以降
    FileMaker v10, v11 ローカル環境
    iPad2でも動作します。ただし、サウンドは再生できません。
    注:上記はこれまで動作が確認されている環境ですが、動作保証はいたしません。

    著作権と再配布について

    著作権は開発者の野田修氏(のだ歯科医院)が保有しています。
    GPLライセンスにて公開されていますので、ソースは自由にご覧いただけます。
    FM-TokyoのWebからのダウンロードのみとし、再配付についてはご遠慮ください。

    ダウンロード

    LTtimer.fp7.zip (38K)

    広告

    ディスカッション

    コメントは受け付けていません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。